--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013/09/14(土)

楽天のマー君を育てた名コーチについて

どうも!
みつをです。

本日は、先日放送されたNHKの人気番組、
プロフェッショナル~仕事の流儀~について書きます。



現在、プロ野球では大変世間を賑わせている、ある男がいます。

開幕21連勝という驚異的な数字で、
世界記録を更新し続けています。

この記録をどこまで伸ばすのか!?

おそらく、普段野球を見ない人も
毎晩のスポーツニュースをチェックされていることでしょう。


しかしこの記録、
田中マー君が一人だけの努力でなし得ているものではないようです。

人が成長するためには、
優れたメンター(指導役)が必要といわれています。
実はマー君にも優れたメンターがついています!

その方は、数々の名投手を育て上げ、
最近ではダルビッシュも育てたといわれています。


「佐藤義則」
かつて、プロ野球で一世を風靡した名投手です。

その名投手が今では、
球界では誰もが知る名コーチとして活躍されています。


佐藤コーチの育成のモットーとして、
「納得」
というキーワードがあります。

何かを教えるとき、
必ず選手を納得させることから始めるようです。

ただ、こちらの考えを押し付けるのではなく、
本当に相手がやりたいと思う、
そうしなければならないと思う。
と、同意を得た上でコーチを行うようです。


確かに、それは何かを教える上でとても大切だと感じます。
相手が全く納得せず始めたことがあるとすれば、
嫌々やることになるでしょうし、
それではいい結果が出る確率はほぼないでしょう。

また、納得や理解をしていなくても、
上司の意見が絶対で上司に任せておけば大大丈夫!
となれば、その人は受け身な気持ちになり、
自分で考えることはなくなり、
成長しにくくなると思います。

相手を納得させ、
自分の成長のため、何をしなければならないのか?
を自分で考え自分で実行する。
そんな、状態を作り出すことはすばらしいと思います。


佐藤コーチはもう一つ大切にされていることがあります、
『個々人を細かく観察する』
ということです。

選手がどういう状態か、
何が悪くて結果が出ていないか?
どんな悪い癖があるのか?

必ず現場に出て、
そこをチェックされるようです。

現場に出続けることで、
細かな変化や成長に気づき
適格に叱ることができ、
また、褒めることができるので
選手は自信をもって成長できるというサイクルを
作り出されています。


『納得させる』
『個々人を細かく観察する』

私がこの先何か指導することがある場合、
ここに注力して指導していきたいと思います。


田中マー君はなぜ、あそこまで結果を残し続けられているのか?
それはマー君の努力もさることながら、
努力した分を的確に成果に変える。
そんな教育ができる、佐藤コーチあってのことでした。


comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバイトドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。