--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014/09/26(金)

こんな時代だからこそできた仕組み

9月も残りわずか。秋も深まり、月がきれいな季節になりました。
こんばんは。渋好みです。

今日は「クラウドファンディング」のはなし。
日本でも数年前からこの言葉をよく耳にするようになり、
多くのクラウドファンディングサービスサイトがあります。

この言葉、『大衆からの資金調達』という訳し方をするようですが、
実現したいプロジェクトを達成するためにネット上で
一般の方に対して資金調達をお願いする仕組みです。

一般の人が、誰かの夢やプロジェクトを実現するための
”パトロン"になるというようなことでしょうか。
その夢に賛同して、応援したい!という気持ちで
資金を提供するという人が多いようです。

ただし、日本では法律上の問題から、
当初は「寄付型」「物品購入型」と
呼ばれるものしか認められてきませんでした。
だから余計に「夢を応援!」的なイメージが強かったのかも。

ですが、その流れが今年変わりました。
5月23日に参議院で金融商品取引法の改正案が成立し、
これにより「投資型」クラウドファンディングが来年2015年から
利用できるようになるそう。寄付的な要素だけでなく、
今後は投資的な要素で資金を提供するという仕組みに近づいていきそうですが、
1人あたりの投資額に制限があったり、仲介者の審査義務など
細かいルールもあるらしく、どこまでどうなるのか…
もちろん一方で詐欺事例などの発生も懸念されるなど、
まだまだどうなっていくかは分かりませんが…

もちろん、投資なので、プロジェクトが途中でダメに
なって、投資がパーになるということももちろんあります。
「素晴らしい」「悪い」「役立つ」「危ない」というレッテルを
簡単に貼ることはできない仕組みですよね。いろんな意味で。

でも、個人的には「森の図書室」の事案、
たのしそうだな、と思います。(行ったことないけど)
http://morinotosyoshitsu.com/

自分がいたい場所を作るためにならちょっとお金出してもいい。
とか
自分が欲しいものを、作れる人に作って欲しい。
とか。

そういう気持ちにはなんか共感するところもあるな。
とも思います。

少額から参加できるのも面白いのかも知れませんね。

まぁ、興味はあるものの、まったくもって参加予定はないですが、
日本でもこんな動きがあるんだなってことには興味を持って
注視していきたいと思います。

ではではまた。


comment

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバイトドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。