--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015/10/28(水)

2017卒の就職選考6月解禁へ

10月25日の朝刊1面で「就職選考6月解禁へ」と報じられましたね。
企業・学生共に各スケジュールの変更をする必要が出てきました。

現在の日本経団連のガイドライン(指針)では、大学生を対象にした採用活動において、
面接などの選考開始は8月1日からと決まっていますが、これを2017年卒(現3年生)採用
から6月に前倒しするというものです。

2015年卒の採用では、「4年生の4月」が選考開始時期でしたが、2016年卒(現4年生)採用
からは選考を「4年生の8月」に変更したことに対して、政府や大学が学生の学習時間確保の
ために後ろ倒しを要請したためです。

しかし、スケジュール変更によって、就活期間の長期化やオワハラ(就職終われハラスメント)、
中小企業での内定辞退の増加といった無視できない副作用が生じました。

現3年生の採用で従来のように大手から先に採用活動が始まれば、中小の内定辞退者は減少して
採用難はある程度解消すると思われます。

ただし、2017年卒採用では、大手も中小も早期に採用を開始する姿勢を見せており、
大手と中小が同時に採用活動を展開するため、中小企業にとって採用しにくい状況は
あまり変らないと考えられます。

また新たに生じる問題とは、学生にとって公務員試験と民間企業の併願が
さらに難しくなってしまいます。

公務員試験は6~8月が多いので、民間企業の選考ともろに重なる。2015年卒採用の時は民間企業の
選考開始が4月だったので、5月の連休明けまでに民間企業の内定を取り、それから公務員試験に臨む
ことができました。

2016年卒採用では企業説明会やOB・OG訪問などの活動と公務員試験が重なったため、学生負担は
重くなりました。そして、2017年卒では選考と試験が重なるため、さらに負担が増します。
その結果、選考日と試験日が重なれば、どちらかをあきらめなければならない状況となります。

経団連の指針によって、企業・学生共にいろいろと影響がありそうです。

ではまた。


comment

Secret

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
アルバイトドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。